polestarのブログ

淡水パールやスワロフスキー・天然石を使ったアクセサリーや雑貨を制作しています。

【月が教える近未来】2020年5月23日ふたご座新月があなたにもたらすもの

5月23日の午前2時過ぎに、ふたご座で新月を迎えます。

 

ふたご座はコミュニケーションを意味し、今回は特にお金に関することを意味するエリアで新月になるので、何かコミュニケーションや情報に関することでお金を得る、ということを意味しています。

ですからそういったことを意識していると、あなたの収入に変化があるかもしれません。

 

今よりももっと収入を増やしたいという人は、もっと人との交流を増やしていく必要があるのですが、社会的にも今はそれが積極的にできない時。

インターネットやSNSで人とつながり、情報を広く発信することが収入につながると考えられます。

 

ただ今回の新月は、うお座にいる火星と相性があまりよくありません。

 

火星がうお座にある場合、ストレスをためやすいとされます。

ストレスとうまくお付き合いしないと、爆発して何もかもなくなってしまう…という可能性もあります。

 

このストレスと上手にお付き合いしていくには木星土星、そして天王星がヒントとなります。

 

まず今回の木星(逆行中)の位置は「あなたの才能が認められること」を意味しますので、誰かに認められることによってストレスが緩和されることがありそう。

ただ、逆行中なので、普段よりも若干そのパワーは落ちるかも…。

 

土星(逆行中)については、人とのつながりにおいて何らかの変化があることを示しています。

あなたにとって本当に大切な人とのつながりを大切にすることがストレス軽減になるようです。

 

さらに土星はルーティンを意味しますので、普段の規則正しい生活を心掛けることがストレス減少につながる、とも解釈できます。

 

これまで不規則な生活をしていた人が規則的な生活を送るようになると、何か目が覚めるような「気づき」が得られる可能性もありそうです。

 

天王星については独立することや自立する、あるいは自分の自由を確保することが、ストレスまみれの苦しい状況から抜け出せることを教えています。

 

ふたご座で新月を迎えたあと、次は6/6にいて座で満月となります。次のいて座の満月は月食です。

 

月食は昔、不吉な象徴と考えられてきましたが、月食がどのようにして発生するのかがわかっている現代では物事のターニングポイントや節目として考えます。

 

今回のふたご座新月では情報と収入が結びついているわけですが、人によってはこの結びつきで収入を得ることが人生のターニングポイントになるのでしょう。