polestarのブログ

淡水パールやスワロフスキー・天然石を使ったアクセサリーや雑貨を制作しています。

【納品のお知らせ】パレードさん(東京・国立市)に納品します!

パレードさんに納品しました!(本日発送しました)

 

今回は、写真のビーズ刺繍ブローチや淡水パールのブレスレット&ネックレスになります。

 

f:id:Megrez:20191023142400j:plain

パレードさんに納品したブローチたち

今回は2.5~3.0cmの小ぶりな刺繍ブローチです。

銀の花のブローチには「銀のモナド」という名前をつけています。

 

宮沢賢治の『青森挽歌(あおもりばんか)』 という詩には、次のような一節があります。

 

…おもては軟玉(なんぎょく)と銀のモナド

半月の噴いた瓦斯(ガス)でいっぱいだ

巻積雲(けんせきうん)のはらわたまで

月の明かりはしみわたり…

 

そしてこの青森挽歌以外の詩にも、読者にとって一番印象的な位置で「モナド」または「銀のモナド」という言葉が出てきます。

 

 

ところで「銀のモナド」って何でしょう?

 

モナドというのは哲学用語なのですが、残念ながら今の私にはみなさんにわかりやすく説明する自信がありません…

 

感覚的に理解できているのですが(あくまでも本人の自覚)、いざ言葉にすると出てこないのです。興味がある人は調べてみてください。

 

ただ宮沢賢治は「銀」という色が一番好きだったとのこと。

宮沢賢治の詩や文学をテーマにした私の作品には、しばらく「銀」がメインになりそうです。

 

次回の白鳥の停車場さんへ納品(11月上旬ごろ)にも「銀のモナド」を入れる予定です。